コラム KAZU'S VIEW

2024年03月

100年に一度の意味を考える―尊富士の偉業からの気づき―


令和6年3月(春)場所で東前頭17枚目の尊富士 弥輝也(タケルフジ ミキヤ)力士(24才)が新入幕で幕の内最高優勝を飾った.新入幕力士の優勝は1914(大正3)年5月場所の両國勇治郎(リョウゴク ユウジロウ;注1)以来110年ぶりとされる[1].国技と言われる大相撲の世界もモンゴル出身力士をはじめとする海外力士の活躍が目立つ中で,青森県五所川原市出身,伊勢ヶ濱部屋で, 身長184.0cm,体重143.0kgと必ずしも大型力士とは言えない尊富士の偉業は,相撲の魅了を高めると共に日本に元気を与える出来事でもあろう.更に,千秋楽前日の朝乃山(富山県富山市出身,高砂部屋)との取り組みで,脚に怪我を負い出場が危ぶまれたことや,優勝の可能性を持つ大の里(石川県河北郡津幡町出身,二所ノ関部屋で令和6年1月場所新入幕)との若手平幕力士同士の優勝決定戦の可能性もあり,3月(大阪)場所を大いに盛り上げてくれた.今回の出来事を通じ,「100年に一度」という意味を考えて見た.

相撲は人間の闘争本能の発露である「力くらべ」や「取っ組み合い」から発生したスポーツであり,日本書紀にある力くらべの神話として宿禰(スクネ)と蹶速(ケハヤ)の天覧勝負(注2)がその起源とされる[3],[4].従って,相撲は日本の古代からあったもので,神事としての文化でもある. 日本海に突き出た能登半島の根元付近に,石川県羽咋(ハクイ)市がある.この羽咋市内にある羽咋神社の神事として,唐戸山神事相撲(カラトヤマシンジズモウ)がある.この儀式の歴史は古く,羽咋神社の祭神である磐衝別命(イワツクワケ ノ ミコト)は,第11代垂仁(スイニン;3〜4世紀在位)天皇の第10皇子で, 宿禰と蹶速の天覧勝負の仕掛人の父親と同様に相撲を好んだ方であったようだ.そのため,その命日に相撲により神霊を慰めたことが,この祭儀の始まりであるとされる.この祭りのキャッチフレーズは,「水なし,塩なし,まったなし」である[5],[6].この地域には苔むした力士の石碑が見られ,現役の大相撲力士も多く,相撲が盛んな地域である.この祭儀は2千年近い歴史を持っていると言われている.唐戸山は,相撲場ですり鉢状をなした凹地で,その底に土俵がある. 唐戸山神事太鼓などの一連の祭儀式が夜通し行われる[7].ところで,現在のような興行としての相撲が組織化されたのは,17世紀の江戸時代の始め頃とされ,寺社の建立や移築のための資金集めが目的で「勧進相撲(カンジンズモウ)」と言われたが,1648年に幕府から禁止令が出された[8],[9].その後,勧進の意味は薄れ,回向院相撲(エコウインズモウ)として定着したのは1833年のこととされる[9],[10].明治に入ると文明開化を背景とした「裸体禁止令」が1871(明治4)年に出され,相撲禁止論が浮上した.この事態に対し,自らも相撲をとることを好んだ明治天皇の意向により1884(明治17)年に天覧相撲が行なわれ,大相撲が社会的に認知されることになった[9].1925(大正14)年,当時の皇太子であった裕仁(ヒロヒト)親王(後の昭和天皇)の台覧(タイラン)相撲に際して,摂政宮賜杯,現在の天皇賜杯が作られ,1926(昭和元)年1月場所から,優勝掲額に加えて個人優勝者に賜杯が授与されようになった.また, この摂政宮賜杯を授与するために1925年に財団法人日本相撲協会(注3)が設立された.現在のような6場所(1月,3月,5月,7月,9月,11月),15日間になったのは,1958(昭和33)年からである [8].相撲と皇室との関わりの深さと歴史の長さから,相撲の国技として,また,文化としての意味合いも強いのかもしれない.

100年という時間の意味を考えると,「長い時間」という意味合いから「永遠」というイメージを連想させ,一般的な生活とは距離感がある. 例えば,この「100年」という単語を歌謡曲の歌詞の中に探してみると,次のようなものが出てくる. 中島みゆきの「永遠欠番」にある「・・人1人消えた日も 何も変わる様子もなく忙しく 忙しく 先へと100年前も 100年後も わたしがいないことでは同じ・・」.一青窈(ヒトト ヨウ)の「ハナミズキ」に「・・薄紅色の可愛いい君のね 果てない夢がちゃんと終わりますように 君と好きな人が100年続きますように・・」.嵐の「One Love」には「・・100年先も愛を誓うよ 君は僕の全てさ・・」などがある.しかし,「人生100年時代」(注4)と言う言葉が聞こえてくると,100年という時間の「生き様」を意識することで,より身近になってくる.更に,近年の異常気象に関連するニュースで聞き慣れた言葉になった「100年に1度の大雨や台風」が,「異常」という状況が「定常化」してきた印象を増大させて来ている.これらの事柄が,「100年」と生活との距離感を縮めてきている.更に,デジタル技術の進化は私たちの生活スピードを秒単位で変化させ,100年間における変化の多様性と大きさの増大を加速化させている.現代は100年が遠い存在であり,かつ,身近な存在であるという不思議な時代である.これは幸せなのか.憧れの100年であれば心的価値であり,生き様の100年であれば物的価値になろう.この心的価値と物的価値の振り子の振幅拡大と周期短縮が,個人ならびに社会のストレス増加の要因となっている.

2022年にアメリカ大リーグ(MLB)の大谷翔平(オオタニ ショウヘイ)が達成した 2桁勝利(15勝),2桁本塁打(34本)は,ベーブ・ルース(George Herman "Babe" Ruth, Jr.)以来約104年ぶりとなる記録となった(注5).更に,近代MLBで投手と打者の両方で投球回と打席の規定回に達した初めての選手となった.2人の20代の日本の若者が創り出した100年を超える歴史の中の偉業は,時代の変革の兆しを感じさせる.65才以上の人口が全人口の21%以上を占める「超高齢社会」に2007(平成19年)から入った我が国は,高齢先進国のトップを走っている.日本の高齢者が2人の若者の偉業に触発され,身近になった「人生100年」のロードマップをどのように描き出し,実現して行くのかを示す「力くらべ」の番になっていることに気づかされる.

(注1)両國勇治郎は新入幕の1914年5月場所で,幕内最高優勝を果たした. この1休は対戦相手だった寒玉子爲治郎(カンタマゴ タメニロウ;富山県小矢部市出身,友綱部屋)の休場(当時は不戦勝制度が無く,対戦相手が休場すれば自身も休場扱いとなった)だった.しかし,この休場は相手力士の負傷や疾病のためではなく,同場所で優勝を争っていた太刀山峯右エ門(タチヤマ ミネエモン)の対戦相手である力士が休場したために太刀山も休場となり,それとバランスを取るために寒玉子も休場としたものである.このような扱いは,当時,「土つかず」と呼ばれた.出身は,秋田県仙北郡外小友(ソトオトモ)村(現在の大仙市南外の一部および大仙市南外外小友)で,入間川部屋に所属し,最高位は東関脇であった[2].
(注2)相撲の起源として,「野見宿禰」(ノミ ノ スクネ)と「當麻蹶速」(タイマ ノ ケハヤ)の天覧相撲が日本書紀に記載されている.大和の国の當麻の邑(タイマノムラ:現在の奈良県葛城市當麻))に當麻蹶速という人物がいた.蹶速は怪力の持ち主で,「この世で自分と互角に力比べができるものはいない,もしいればその人物と対戦したいものだ」と豪語していた.天皇はその話を聞き,家臣に「當麻蹶速と互角に戦えるものはいないのか?」と尋ねたところ,家来の一人が,出雲の国に野見宿禰という人物がいるので,この人物と戦わせてはどうか,と進言した. 第11代垂仁天皇はこの進言に賛成し,垂仁天皇7年7月7日に「野見宿禰」と「當麻蹶速」の対戦が行われた.長い戦いの末, 蹶速は命を落とした.この「宿禰」と「蹶速」の力比べが国技相撲の発祥とされ,また,我が国初の天覧相撲といわれている[3].
(注3)日本相撲協会(Japan Sumo Association)の定款第3条の「目的」は, 「この法人は,太古より五穀豊穣を祈り執り行われた神事(祭事)を起源とし,我が国固有の国技である相撲道の伝統と秩序を維持し継承発展させるために,本場所及び巡業の開催,これを担う人材の育成,相撲道の指導・普及,相撲記録の保存及び活用,国際親善を行うと共に,これらに必要な施設を維持,管理運営し,もって相撲文化の振興と国民の心身の向上に寄与することを目的とする.」となっている.この目的に基づき,青少年・学生への相撲の指導奨励(学生相撲や実業団相撲のようなアマチュア相撲は,国内競技は日本相撲連盟(Japan Sumo Federation),国際競技は国際相撲連盟(International Sumo Federation)が統括しており,プロの力士が所属する日本相撲協会とは別)相撲教習所の維持運営,国技館の維持運営,相撲博物館の維持運営などをしているが,主な事業は,本場所・巡業の興行である[11].
(注4)「人生100年時代」とは,英国ロンドンビジネススクール教授のLynda Gratton(リンダ・グラットン)とAndrew J. Scott(アンドリュー・スコット)が長寿時代の生き方を説いた著書「LIFE SHIFT(ライフ・シフト)」[12]で提言した言葉とされる.グラットンは,2007年生まれの子どもの半数が,日本では107歳まで生きうること,平均寿命世界1位の国のグラフから,いま50歳未満の日本人は100年以上生きる時代を過ごす可能性が高いことを指摘している. さらに,「いま80歳の人は,20年前の80歳よりも健康だ」とも述べている.これを受けて,日本政府は2017年9月に「人生100年時代構想会議」を開催した[13].
(注5)MLB以外では1922年にニグロリーグのCharles Wilber Rogan(ブレット・ローガン)が2桁勝利,2桁本塁打を達成しており,それからちょうど100年ぶりとなる[14]. ニグロリーグは,アメリカにおいて行われていたアフリカ系アメリカ人を中心とした野球のリーグ戦で,1920年から1948年の間に存在した7つの野球リーグのことを指す[15].

参考文献・資料
[1] フリー百科事典(ウィキペディア(Wikipedia)), 尊富士弥輝也, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B0%8A%E5%AF%8C%E5%A3%AB%E5%BC%A5%E8%BC%9D%E4%B9%9F  , 2024.3.28アクセス
[2] フリー百科事典(ウィキペディア(Wikipedia)), 両國勇治郎,
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%A1%E5%9C%8B%E5%8B%87%E6%B2%BB%E9%83%8E ,2024.3.25アクセス
[3] 葛城市,當麻蹶速と野見宿禰の天覧相撲,
https://www.city.katsuragi.nara.jp/soshiki/sumokan/8/2169.html , 2024.3.20アクセス
[4] 日本相撲協会,相撲の歴史,
https://www.sumo.or.jp/IrohaKnowledge/sumo_history/ ,2024.3.20アクセス
[5]石川県,唐戸山神事相撲,
https://www.pref.ishikawa.lg.jp/kyoiku/bunkazai/minzoku/k2-8.html , 2024.3.20アクセス
[6] 石川県羽咋市,【9月25日】羽咋神社・唐戸山神事相撲,
https://www.city.hakui.lg.jp/soshiki/sangyoukensetsubu/syoukoukankouka/12/2/725.html , 2024.3.20アクセス
[7] ダイドーグループ,力の灯火 〜唐戸山神事相撲〜,ダイドーグループ日本の祭りライブラリー, YouTube, https://www.youtube.com/watch?v=qhOXspv6Q8o , 2024.3.20アクセス
[8] 相撲ファン編集部,相撲ファン, 大空出版,vol.06 p103(2017)
[9] フリー百科事典(ウィキペディア(Wikipedia)),大相撲, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E7%9B%B8%E6%92%B2 , 2024.3.28アクセス
[10] 江東区深川江戸資料館, 大相撲の歴史と深川, 深川地域と勧進相撲, 資料館ノート第106号,
https://web.archive.org/web/20160315162208/https://www.kcf.or.jp/fukagawa/pdf/03010090003501.pdf , 2024.3.28アクセス
[11] フリー百科事典(ウィキペディア(Wikipedia)), 日本相撲協会,
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E7%9B%B8%E6%92%B2%E5%8D%94%E4%BC%9A , 2024.3.28アクセス
[12] Lynda Gratton and Andrew J. Scott, The 100-year Life: Living and Working in an Age of Longevity, Bloomsbury Pub Plc USA (2017), リンダ・グラットン, アンドリュー・スコット著,池村千秋訳, LIFE SHIFT(ライフ・シフト)-100年時代の人生戦略LIFE SHIFT, 東洋経済新報社 (2016)
[13] 首相官邸, 人生100年時代構想,
https://www.kantei.go.jp/jp/headline/ichiokusoukatsuyaku/jinsei100.html , 2024.3.29アクセス
[14] フリー百科事典(ウィキペディア(Wikipedia)), 大谷翔平, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A4%A7%E8%B0%B7%E7%BF%94%E5%B9%B3 , 2024.3.28アクセス
[15] フリー百科事典(ウィキペディア(Wikipedia)), ニグロリーグ, https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8B%E3%82%B0%E3%83%AD%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0 , 2024.3.28アクセス

令和6年3月
以上

先頭へ